奥行き45センチの机では狭い。机のおすすめサイズと使い心地

住まい
この記事は約4分で読めます。

机の天板は広いほど快適な作業空間を得られます。

でも、住宅事情の厳しさを考えると、無暗に広い机を買うことも出来ません。

机の長さには神経質になりますが、奥行きについてはルーズになりがち。

限られた部屋の広さを考えるあまり、奥行きが狭いスリムタイプの机を購入して後悔した経験を元に、最適な机の奥行きについてまとめます。

机の奥行きと高さには推奨値がある

意外なことに、机の奥行きと高さには、JISや業界団体によって「推奨値」が公表されています。

その推奨値とは、机の奥行きの推奨値が600mmから700mm。机の高さの推奨値が720mmとなっています。(参考:「安全・快適なデスクの選び方」)

これらの推奨値は、快適性や効率性を考慮して決められる値ですが、社会環境の変化によって、見直されることもあるそうです。

近年では、日本人の体格の変化によって机の高さが見直され、パソコンの液晶モニターの普及とともに、奥行きも見直されたという経緯があります。

奥行きが45センチのスリムタイプ机は実用的ではない

机を購入する際には、まずは部屋に納まることが第一の条件になります。

我が家でも、机を配置する予定の場所を採寸して、そのサイズに合う机を探しました。

家具店にある机は、オフィス用のデスクとは違い、デザイン性が高く、スタイリッシュな机が展示されています。

特に奥行きが45センチから50センチサイズのスリムタイプの机は、とてもおしゃれな外観で、自宅の部屋に置いた様子をイメージすると、都会風の雰囲気に思えてしまいます。

でも、奥行きが45センチしかない机は、実用には向きませんでした

奥行きの狭い机の短所

机を選ぶときには、その長さに対しては注意深くなります。

なぜならば、長すぎる机は、部屋に納まらないからです。

でも、奥行きについては、無頓着になりがち。

実際に使ってみると、机にはある程度の奥行きが無いと、とても使いづらいものです。

足元が狭くて疲れる

多くの場合、机は壁際にピッタリと密着させて配置します。

奥行きの狭い机を壁につけると、椅子に座ったときに足が伸ばせないことに気付きます。

足元が窮屈でも、机の奥行きが45センチから50センチ程あれば、短時間の作業なら大きな問題になりません。

でも、1時間を超えるような作業になると、足が組めなかったり、伸ばせなかったりと、何かと足元の狭さがストレスになってきます。

奥行きの狭い机は足が伸ばせず、長時間の座り仕事には不向きな机なのです。

PCモニターとキーボードを並べると作業スペースがない

PCモニターとキーボードを並べると作業スペースがない

PCモニターとキーボードを並べると作業スペースがない

PCモニターに使う液晶ディスプレイは薄く、省スペースで配置出来るような印象があります。

でも、その液晶ディスプレイを支えるスタンド部分まで含めると、意外と広いスペースが必要になるのです。

奥行きの狭いスリムタイプの机に、液晶ディスプレイのスタンドとキーボードを配置してみると、作業スペースが殆ど確保出来ないことに気付きます。

また、狭いスペースに腕を置いてキーボードを打つと、肩が凝ってしまいます。

液晶ディスプレイのPCモニターは薄くて場所を取らないと思い込んでいますが、スタンド部分まで考慮した机の奥行きを考えないと、実際の使用には耐えられないのです。

奥行きの狭い机はPCモニターと目の距離が近い

机の奥行きが狭いと、PCモニターと目の距離が近くなります。

若い人はあまり気にならないかもしれませんが、年配者で老眼になってくると、近距離のPCモニターというのは不便なものです。

机の奥行きに余裕がないと、モニターを移動して微調整する余裕もありません。

奥行きの広い机の使い心地

広いほど快適な机ですが、奥行きが広すぎても微妙な感じになります。

以前の職場で、奥行きが100センチある机を使っていたことがあります。

広々とした作業空間に、パソコンのモニターを置いて、資料を広げて気持ちよく仕事が出来るのですが、結局、机の奥の方は無駄なスペースになってしまいました。

また、奥行きの深い机の場合、奥の方に手が届かず、不用意に資料などを置くと、意外に不便だったりします。

僅かな隙間も貴重な空間となる一般家庭では、規格外に深い奥行きを持つ机は現実的ではなさそうです。

最適な机の奥行きは60センチから70センチ

机の奥行きは、推奨値とされる60センチから70センチが最適なサイズだと言えます。

机のサイズを選ぶときは、机の上に乗せるものを基準に決めることが多いでしょう。

でも、実際に座ったときの足元の自由度を考慮しないと、せっかく選んだ机が、ただの物置になってしまいかねません。

また、パソコンを置いて、PCデスクとして利用する際には、PCモニターの他に、キーボードを配置する奥行きが必要になります。

机として本来の機能を発揮する奥行きは、60センチ以上であれば、ひとまず安心できるサイズなのです。

タイトルとURLをコピーしました